一度きりの人生を無駄なく生きる為に

調査が一番多いのは

多くの人は縁がない事柄かもしれませんが、一昔前は、これは当たり前のように行われていたことでした。
例えば企業が面接をして採用する人を決める際に行われることがありました。
今は、転職することは珍しくありませんが、少し前までは、終身雇用制度が大きくものを言い、一度勤めた会社に、退職するまで勤める人が多かったので、中途採用する際は、企業も慎重にならざるを得なかったのです。
考えられることとして言えば、企業スパイとして潜入する人がいるのではないかということで、その人の前職や経歴などを探偵を雇って調べるのです。
最近では、そのようなことは少なくなってきていますが、まだ最新の情報を扱う企業などでは警戒されています。
自動車メーカーや精密機器を扱っているところなどは、慎重です。
個人情報が軽んじられていた時代は、その人の出身地や住んでいるところ、親の出身地、学歴などを調べられる時代もありました。
最近では、履歴書に書かれている資格や前職でやっていた事柄について、調査する企業があります。
簡単にSNSに投稿されてしまう時代ですから、企業のイメージダウンさせる行為をする人を雇ってしまっていてはマイナスになりかねません。
一昔前とは違った事柄で、素行調査を依頼する企業は増えてきています。
対処法は、調べないでくれとは言えませんし、言ってもあまり意味をなさないので、調べられても大丈夫なように、嘘を書かないことで、信用がなくなることを防ぐことが出来ます。

採用前には調査を

今も昔も調査会社に一番調査を依頼される事柄は、婚姻前の相手の身の上調査です。 昔は、紹介者が間に入ったお見合いで結婚することも多かったので、親や親族が密かに相手の家を調べることがありました。 結婚前調査について、昔と今の違いや、調べられたときどのように振舞うとよいのかを検証しました。

一番身近なトラブル

トラブルは巻き込まれたくなくても、巻き込まれてしまうことがあります。 そんな時に、闇雲に問題に立ち向かってしまっても、無駄に疲れるだけです。 トラブルに立ち向かうには、一つでも多くの情報を収集することが必要です。 身近なトラブルにおける情報収集のやり方を検証してみます。

調査依頼する側と調べられる側

調査会社に調査を依頼するケースは、さまざまです。 が、共通していえることは、相手がいるということです。 そして相手にも人生があるということです。 時には余計なトラブルに巻き込まれない為に調査会社に依頼することも必要です。 逆に身に覚えがないのに調査されていると感じた時の対処法について検証してみます。