一度きりの人生を無駄なく生きる為に

一番身近なトラブル

証拠を押さえる

パートナーが隠し事をしている、浮気をしているかもしれないと疑いを持ったら、どのような行動をとりますか。
確かめるのが怖いという人もいるでしょうし、白黒はっきりさせて次に進みたいという人もいるでしょう。
そんな時、有利になるのは、証拠です。
その為に調査会社を雇って調べるのです。
第三機関が介入することになるでしょうし、そうなった時に証拠が勝敗を決めるといっても過言ではありません。
調べられている方は、よほど警戒心が強くない限り分かりません。
分かった時には手遅れという場合がほとんどです。
万が一、調べられてはまずいということをしているのであれば、慎重に行動することしか、その行為をやめる以外に方法はないでしょう。

どういう手段があるのか

調査の方法はさまざまです。
その中で、効果的な方法がとられます。
聞き込みは、近所の人や関係者にそれとなく話をききます。
が、調査していることがばれては困るので、さりげなく聞かれることがほとんどです。
聞き込みをする前には、事前準備を怠らないので、聞かれた人からばれることは少ないです。
尾行は、跡をつけることですが、出したゴミを見られたり、盗聴されたりすることもあります。
個人情報が分かるものは、細かくして捨てるようにしたり、不用意に捨てたりすることがないように気を付けなければなりません。
自宅に侵入して盗聴器を仕掛けることは違法なので調査会社がすることはありませんが、外での会話は聞かれている場合があります。
発言には充分注意した方がよいでしょう。