一度きりの人生を無駄なく生きる為に

調査依頼する側と調べられる側

疑われているかも

何もなくて疑われるということは考えられにくいので、ここではなにかやましいことがあるという仮定をします。
浮気を疑われている場合は、相手は証拠を集めようとしているので、証拠を押さえさせなければよいのです。
例えば毎週水曜日に浮気相手と会っていた場合、水曜日に尾行されていることが多いので、しばらくは一人で映画を観に行ったり、一人でバッティングセンターに行ったりと、一人で飲みに行ったり、と毎週水曜日は一人で息抜をしている日だと相手側に納得させてしまえば、調査には費用も掛かりますので、その時点で打ち切りになるでしょう。
ただしこれは、早い段階で調査されていると気付いた時にしか使えない手です。
既に証拠を押さえられている場合には使えません。

信じるに値する人の価値

生きていくうえで、必要なことは、相手を信頼することと、相手からの信頼に応えることです。
あらゆる場合において、調査会社に相手のことを調べるという依頼をしなくてもすむように、調査されることのないような人間関係を築くことが大事です。
日頃から、この行為によって、相手がどう思い、どう感じて、どの様な行動をおこすのかを想像し、そうさせないための努力が必要です。
万が一関係性が崩れてしまったとき、修復するのは大変な労力を強いられます。
そのことを理解し、日々の行動に責任を持って生きていれば、予期せぬトラブルに巻き込まれることもそうそうないはずです。
誠実な生き方をしていても万が一巻き込まれてしまったら、それは専門家に相談することが解決への一番の近道であるといえます。